みどりの中に光る絹の町川俣
トップページ > 観光・イベント > 平成30年度かわまたファミリー劇場

平成30年度かわまたファミリー劇場

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月1日更新

毎年好評の「かわまたファミリー劇場」を今年も開催します!

今年度は劇団影法師による「影絵劇 ~音楽物語~」と「人間影絵 このゆびとまれ」を行います。
影絵劇は、名作絵本「スイミー」と「モチモチの木」の2本立てです。

手・身体のすべてを使った人間影絵が子ども達のイメージをかきたて心を揺さぶります。
光と影によるニューパフォーマンスをご家族皆さんでお楽しみください!

歌舞伎  タコ 

詳細

・日 時      平成30年6月30日(土曜日)14時00分~15時30分予定
           ※開場は13時30分からになります。

・場 所      川俣町中央公民館ホール(川俣町字樋ノ口11番地)

・金 額      無料です。
          ただし、事前に入場整理券が必要になります。

・入場整理券     入場整理券の配布は、6月11日(月曜日)8時30分から、中央公民館で配布します。(お一人様4枚まで)
          なお同時に、指定席券を1枚200円で販売します。枚数に限りがありますので、ご希望の方はお早目にご購入ください。

・チラシ      こちらをご覧ください。 チラシ(表面) [PDFファイル/589KB] チラシ(裏面) [PDFファイル/460KB]

内容

スイミー

作品全体がストーリー性のある組曲風の音楽で綴られており、気品高い音楽劇となっています。
また、スイミーが海の中を自由に泳ぐ様子や、登場するさまざまな海の動植物を、画期的な人形操作技術を駆使して表現しています。
人気絵本スイミーが生き生きとした影絵ファンタジーとして鮮やかに生まれ変わります。

◇◇◇あらすじ◇◇◇

 広い海のどこかに小さな魚の兄弟達が住んでいました。その中でスイミーはたった一人まっ黒でしたが、誰よりも早く泳ぎ、そして誰よりも賢い魚でした。
 ある日、大きな魚がひとくちで兄弟達を飲み込んでしまいました。悲しさをこらえ、たった一人で泳ぐスイミー。
 そして、小さな仲間達にめぐりあったとき、スイミーは力を合わせて生きていく素晴らしい方法を発見したのです。 

 サンゴ礁  大きな魚

モチモチの木

斎藤隆介、滝平二郎の名コンビによる絵本童話が、大きなスクリーンに映し出されます。
切り絵キャラクターと歌が見事に溶け合い、ドラマティックな影絵人形劇が展開します。
豆太の愛と勇気が、光と音のハーモニーとなって感動の渦を巻き起こします。

◇◇◇あらすじ◇◇◇

 ジサマの急病によわむし豆太がイシャサマを呼びに走ります。まっ白い霜が足にかみついて血が出ていた。豆太は泣き泣き走った…。
 外はすごい星で月もでていた。月が出ているので雪が降りはじめた。この冬はじめての雪だ。
 「モチモチの木にひがついている!」月と星と雪。そして、美しくきらめくモチモチの木。

豆太とジサマ  走る豆太  モチモチの木 


[表示切替]
モバイル | | トップに戻る