みどりの中に光る絹の町川俣
トップページ > 町政・施設 > 「住民基本台帳人口」と「現住人口」の違い

「住民基本台帳人口」と「現住人口」の違い

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月19日更新

住民基本台帳人口

住民基本台帳人口とは、住民基本台帳法に基づき、各市町村の住民票に記載されている人口のことです。

現住人口

現住人口とは、国勢調査による人口及び世帯数を基準とし、これに毎月の住民基本台帳の増減数(転入、転出、出生、死亡などで増減)により集計している人口のことです。

「住民基本台帳人口」と「現住人口」の数値に違いが生じる原因

現住人口の基準となる国勢調査は住民基本台帳への登録とは関係がない実態調査となります。そのため、住民票を残したまま単身赴任している、大学に出ている、施設に入居しているなどの理由により、2つの人口の数値には違いが生じます。


[表示切替]
モバイル | | トップに戻る