みどりの中に光る絹の町川俣

特別定額給付金事業について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月24日更新

特別定額給付金事業を開始します

国は、新型コロナウイルス感染症により疲弊した家計の支援を行うため、感染拡大防止に注意しつつ、特別定額給付金を給付することを決定しました。この給付金は、川俣町から給付します。

この給付金を受給するためには、郵送申請もしくはオンライン申請が必要で、令和2年5月13日(水曜日)付けで申請書を世帯主宛で発送しており、令和2年5月16日(土曜日)までには配達が完了する予定です。

万が一、配達されない場合は、お手数でも下記担当までお問合せください。

【特別定額給付金 事務担当】

川俣町企画財政課企画調整係

電話 024-566-2111 (内線1205)

※返送いただいた申請書等に不備がある場合は、町から申請者ご本人様へ問い合わせをする場合があります。町から電話がかかってきた際は、《Tel 024-566-2111》からかかってきていることをご確認ください。

後日、町役場へ書類等の提出をお願いする場合はございますが、口座番号や暗証番号、個人情報等をお聞きすることはありません。

不審な電話等ありましたら、上記の事務担当まで直接、お問い合わせください。

(上記の事務担当の電話番号以外からご連絡することは一切ございません。)


給付金の詳細につきましては、以下の総務省ホームページでご確認ください。

特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連) (外部サイトへリンク)

特別定額給付金ポータルサイト(外部サイトへリンク)

特別定額給付金について

対象になる方

基準日(令和2年4月27日)において、本町の住民基本台帳に記載されている方

受給権者

世帯の世帯主

給付金額

世帯員1人につき10万円

申請期間

令和2年5月18日(月曜日)から令和2年8月17日(月曜日)(必着)まで

※申請期限を過ぎてからの受付はできませんので、ご注意ください。

申請方法

給付金の申請書は、各世帯の世帯主へ郵送します。

感染防止のため、申込方法は下記のいずれかを基本とします。

(1)郵送(同封の返信用封筒を利用)による申請

  1 必要事項を記入・押印した特別定額給付金申請書

   申請者本人の確認資料(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証等のコピー)

  3 振込先金融機関口座の確認資料(通帳、キャッシュカードのコピー)

    ※通帳等の金融機関名、支店名、口座番号、口座名義人(カタカナ)をすべて確認できる箇所をコピーしてください。

    ※既に町に登録されている金融機関口座をご利用いただく場合は、通帳、キャッシュカードのコピーは不要です。

(2)マイナンバーカード活用によるオンライン申請

  郵送による申請に代えることができます。申請書の返送は不要です。

  ※避難先世帯は住民基本台帳上の世帯構成と異なるため郵送申請をお願いします。

 

給付方法

原則として口座振込です。

・振込日は申請受付日の翌週が目安です。(振込日は改めて通知します)

その他

・特別定額給付金申請書に記入いただく振込先金融機関口座に記載誤りがあると、口座振込ができず、確認に時間を要するため振込が遅れてしまいます。記載誤りが無いようご注意いただくとともに、確認用の通帳等のコピーを必ず添付してください。

・特別定額給付金申請書に添付する資料(運転免許証等のコピー、通帳等のコピー)は地区公民館と中央公民館のコピー機を無料で利用できます。(要予約)

公民館のコピー機が利用できます [PDFファイル/695KB]

詐欺被害の防止

「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意ください!

詐欺防止

それ、給付金を装った詐欺かもしれません!(チラシ) [PDFファイル/423KB]

  • 市区町村や総務省などが以下を行うことは絶対にありません
    • 現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすること
    • 受給にあたり、手数料の振込みを求めること
    • メールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること
    ご自宅や職場などに市区町村や総務省などをかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、お住まいの市区町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

[表示切替]
モバイル | | トップに戻る