みどりの中に光る絹の町川俣

納税について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月1日更新

町税等の納め方

町税等を納めるには、金融機関の預金(貯金)口座から自動的に振り替える方法(口座振替)、金融機関やコンビニ等の窓口で納める方法、納税貯蓄組合から納める方法があります。

口座振替

口座振替とは、納税者の預金(貯金)口座から納期ごとに自動的に振り替えて納税する制度です。

  • 納期ごとにその都度納付に行く手間が省けます。
  • 銀行等の営業時間内に納付に行くのが困難な方、留守になる機会が多い方でも、納付を忘れてしまう心配がなくなります。
  • 一度申し込みをすれば、毎年自動的に継続されます。

口座振替ができる金融機関
東邦銀行・福島銀行・大東銀行・福島信用金庫・ふくしま未来農協・ゆうちょ銀行

申し込み方法
上記金融機関の本店・支店(ゆうちょ銀行は郵便局)窓口に備え付けの「川俣町税等口座振替依頼書」に、必要事項を記載のうえ、窓口に提出してください。

持参いただくもの

  • 預貯金通帳
  • 印鑑(通帳届出印)
  • 納税通知書または領収書

※口座振替依頼書は、町内金融機関・町内郵便局に置いてあります。町外の方で口座振替依頼書の必要な方は、町民税務課で郵送いたしますので、ご連絡ください。(連絡先は、このページの末尾に記載)

振替税目

  • 町県民税(普通徴収)
  • 固定資産税
  • 軽自動車税
  • 国民健康保険税
  • 介護保険料
  • 後期高齢者医療保険料

振替日
対象税目の各納期限の日


ご注意

*口座振替を金融機関等へ申込んでから、手続きが完了し口座からの引き落としが始まるまで、2~3週間程度かかります。なるべく月の初めに申込みください。

*軽自動車の車検に使用する納税証明書については、口座引落から送付するまで10日程度かかってしまいます。このため、5月31日から6月上旬に車検を受けられる方は、口座振替では納税証明書の送付が車検に間に合わなくなってしまいますので、直接納付書にて納付くださいますようお願いいたします。 

*納期限を過ぎた税の翌月等の再振替はできません。振替の前日までに預金残高の確認をお願いいたします。残高不足等で振替ができなかった場合は、翌月10日頃までに振替不能通知書兼納付書が送付されますので、直接金融機関または役場会計室窓口で納付してください。

*納入者、取扱金融機関、口座名義人の変更や口座解約をした場合は、取扱金融機関へ変更届を提出してください。変更届がない場合、毎年継続することとなりますのでご注意ください。

*固定資産税の個人名義分と共有名義分は、別々に手続きが必要になります。

直接納める方法

  • 町内に支店がある金融機関(東邦銀行・福島銀行・大東銀行・福島信用金庫・ふくしま未来農協) 
  • 川俣町役場会計室窓口 
  • コンビニ等または郵便局(東北6県の郵便局に限ります)

※納付書で納める場合は上記の場所で納めることができます。納付書が届かない場合や紛失した場合は、納付書を再発行しますので町民税務課収納室までご連絡ください。
※コンビニ等で納付できるのは、バーコードが印字されている納付書に限ります。また、郵便局で納付できるのは、口座記号番号欄に番号の記載がある納付書に限ります。詳しくはここをクリック。 

納税貯蓄組合から納める方法

納税貯蓄組合は、町税等を納期内に計画的に納めることを目的として、地域や職場の方などが協力して組織する任意団体です。各納税貯蓄組合によって取りまとめ方にはいくつかの形態がありますが、加入している方々の対象税目について納期ごとに取りまとめ一括で納付する方法です。

新規加入の場合は、お住まいの地区の納税貯蓄組合長に届出ください。なお、対象となる税目の納付書を納税貯蓄組合長へ直接届けていただくことになります。納税貯蓄組合長がわからない場合は、町民税務課にお問い合わせください。

変更や脱退の際にも納税貯蓄組合長への届出が必要です。
変更や脱退の届出がない場合、毎年継続することとなります。加入されている方の納付書は、年度当初に各納税貯蓄組合長宛に送付されます。

平成31年度納期一覧

納期税目期別納期限
5月

固定資産税

15月31日
軽自動車税
6月町県民税17月1日
7月固定資産税

2

7月31日

国民健康保険税

1

介護保険料普通徴収

1

8月

町県民税2

9月2日

国民健康保険税2
介護保険料普通徴収2

後期高齢者医療保険料普通徴収

1

9月国民健康保険税39月30日
介護保険料普通徴収3
後期高齢者医療保険料普通徴収2
10月

町県民税

310月31日

国民健康保険税

4

介護保険料普通徴収4
後期高齢者医療保険料普通徴収3
11月国民健康保険税512月2日
介護保険料普通徴収5

後期高齢者医療保険料普通徴収

4

12月

固定資産税3

12月25日

国民健康保険税6
介護保険料普通徴収6

後期高齢者医療保険料普通徴収

5

1月

町県民税

41月31日
国民健康保険税7
介護保険料普通徴収7
後期高齢者医療保険料普通徴収6
2月

固定資産税

43月2日

国民健康保険税

8

介護保険料普通徴収8
後期高齢者医療保険料普通徴収7

*送付される町税等の納付書は、平成31年(2019年)4月1日から翌年3月31までの期間を「平成31年度」としているため改元後についても「平成31年度」と表記しております。

納税にお困りのとき

納税相談

町税等は、納期限内の自主納付が原則ですが、病気や失業などにより生活が苦しいなど特別な事情があり、一度に納付することが困難な場合は、町民税務課収納室に早めにご相談ください。

町税等の滞納

町税等を定められた納期内に納めないことを「滞納」といいます。町税等を滞納すると、町民税務課から早期に納めるよう督促状等が通知されます。また、納期限を経過すると、納期内に納税いただいた方との公平を保つため、納期限の翌日から納付された日までの期間の日数に応じて、「延滞金」が課されます。

町税等を滞納した場合

川俣町では、町税等を滞納された方に対し督促状や催告書等を送付し、できる限り早期に納付いただくようお願いしております。それでも納付いただけない場合は、その方の預貯金・給与・不動産等を差押えることとなります。そして、差押えた預貯金等を町税等の滞納分に充てることになります。
このような差押による滞納への手続きを「滞納処分」といいます。滞納処分は、自主的な納付をいただけない場合、法律に基づく手続きにより、町税等の確保を図るために講じなければならないとされています。滞納処分を受けることなどの無いよう納期限内の納付にご協力下さい。


[表示切替]
モバイル | | トップに戻る