みどりの中に光る絹の町川俣
トップページ > くらし・手続き > 罹災証明および被災証明について

罹災証明および被災証明について

印刷用ページを表示する掲載日:2021年2月14日更新

「罹災証明書」および「被災証明書」について

 令和3年2月13日の地震により住家などに被害を受けた方を対象に、罹災証明書および被災証明書を発行します。

 ※ 証明書は、町で災害復旧を担うことを認めるためのものではありません。早急な応急処置等は各自ご対応願います。

   また、被害状況の確認ができるよう写真等の記録を残していただきますようお願いいたします。

   【住まいが被害を受けたとき最初にすること】

罹災証明書とは

 地震や台風などの自然災害により、居住の実態がある家屋が被害を受けた場合、被災者からの申請に基づき町が被害の程度を認定して発行する証明書です。

 ○罹災証明書(様式) [Wordファイル/17KB]

 ○罹災証明書【記入例】 [PDFファイル/34KB]

被災証明書とは

 罹災証明書に該当しないものを対象とし、それらが被害を受け保険等の手続きに必要な場合、被災者からの申請に基づき町が発行する証明書です。具体的には、通常は居住の実態がない家屋や事務所、門扉、塀などの付帯設備、家具などの家財、車、敷地、その他があります。

 ○被災証明書(様式) [Wordファイル/18KB]

 ○被災証明書【記入例】 [PDFファイル/27KB]

申請に必要なもの

・罹災証明書または被災証明書

・被災状況の確認できる写真等

申請窓口

川俣町役場本庁舎 2階 総務課消防交通係(12番窓口)


PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Adobe Reader(無償配布)が必要です。
まだお持ちでないかたは、アドビシステムズ社のウェブサイトからAdobe Readerをダウンロードしてご覧ください。
アドビリーダーダウンロードサイトへ


[表示切替]
モバイル | | トップに戻る