みどりの中に光る絹の町川俣
トップページ > くらし・手続き > ごぞんじですか、川俣町定住化促進総合対策事業!

ごぞんじですか、川俣町定住化促進総合対策事業!

印刷用ページを表示する掲載日:2021年4月12日更新

目的

出生率の低下、労働力の流出や高齢者増加等の人口構造、人口動態の問題に対応する実効性ある施策を総合的に促進するため、次の取り組みを実施しています

  • 定住対策
  • 就労対策
  • 育児環境対策
  • UIターン対策
  • 高齢者対策
  • やさしいまちづくり対策

ごぞんじですか、川俣町定住化促進総合対策事業! !

分 類

奨励金等

対 象

内 容

申請方法

担当窓口

 

子育て支援

出産祝金

子どもを出産したとき

出生届を出したとき、10万円のお祝金を差し上げます。
※   養育者が子どもの出生前に1年以上町に住民登録されている場合。

振込口座の届出をお願いします。

子育て支援課
子育て支援係
(窓口番号5)

入学祝金

子どもが小・中学校に入学するとき

入学する子ども一人につき、5万円のお祝金を差し上げます。
※   養育者と子どもが町に住民登録されている場合

該当する方へ申請書を郵送いたします。

子どもの医療費無料化

18歳までの子どもが医療機関を受診するとき

18歳までの子どもは、医療費が無料で受けられます。
※ 年齢18歳に達する日以後の最初の3月31日まで
※ 窓口で無料にならなかった場合:毎月助成申請

○川俣町国民健康保険加入者:申請不要
○社会保険加入者:要登録申請

保育奨励金

保育園・幼稚園に2人以上の子どもを通園させているとき

保育料の助成が受けられます(毎年度末)
○2人目:月額3,000円
○3人目以降:保育料の全額
※ 保育料を完納することが条件

保育料を完納していることを確認のうえ町から助成します。(要申請)

子育て支援課
幼児教育係
(窓口番号5)

学校給食費負担の軽減

子どもが小・中学校に入学したら

保護者が負担する学校給食費のうち、2分の1の額を町が助成します。

申請不要です。

学校教育課
学校教育係
(窓口番号10)

 

健康支援

各種がん検診の無料化

40、70、75歳以上になったら

年度内に40、70、75歳以上になる方は、各種がん検診が無料で受けられます。

対象者に通知します。

保健福祉課
健康増進係
(窓口番号4)

特定検診・後期高齢者検診の無料化

国民健康保険、後期高齢者医療保険に加入したら

40歳以上の国民健康保険加入者・後期高齢者医療保険加入者の方は、特定検診または後期高齢者検診が無料で受けられます。

対象者に通知します。

保健福祉課
国民年金係
(窓口番号4)

 

定住支援

結婚新生活支援奨励金

婚姻届を提出した夫婦

町で新たに住宅を取得または賃借する費用(敷金・礼金)や業者へ支払う引越し費用について奨励金を交付します。(上限30万円)
※   夫婦の合計所得が400万円未満かつ夫婦どちらも39歳以下

婚姻届け出後1年以内に申請が必要(令和4年3月31日まで)

産業課
商工交流係
(窓口番号9)

住宅取得支援奨励金

県外からの転入者

県外から転入して1年以内に住宅(新築・中古住宅)を取得し定住する場合、取得費用について奨励金を交付します。
※   交付年度の翌年度から3年以内に転居等をしたときは全額返還

住宅の工事・購入契約日から30日以内に申請が必要

民間小規模宅地造成事業助成事業交付金

分譲宅地の造成を検討するとき

3,000平方メートル未満の民間分譲宅地(3区画以上で1区画の分譲面積が200平方メートル以上)を造成する場合、宅地造成に係る借入金借入利率の3分の1の額を3年間利子補給します(借入上限額1億円)。また、宅地造成に係る宅地内道路整備及び水道配水管設置に要する経費について、舗装面積1平方メートル当り3千円を助成します。

造成工事着工予定3か月前に申請が必要

住宅等の取得経費の助成金

原発事故で避難指示を受けた方が町内に住宅やその敷地を取得したとき

住宅やその住宅の敷地の取得価格(契約価格)の課税対象額に対し、100分の3を乗じて得た額を助成します。
※   避難者が居住するための住宅であることが条件
※   交付日から10年未満で相続人以外の人に譲渡したときは全額返還

住宅等の取得後、随時

原子力災害対策課
住民支援係
(窓口番号8)

定住化促進総合支援 [PDFファイル/258KB]

[表示切替]
モバイル | | トップに戻る