みどりの中に光る絹の町川俣
トップページ > 震災・原子力災害関連情報 > 高速道路無料措置(ふるさと帰還通行カード)について
震災・原子力災害関連情報

高速道路無料措置(ふるさと帰還通行カード)について

印刷用ページを表示する掲載日:2021年6月11日更新

原発事故の警戒区域等に居住されていた方を対象とした無料措置は、

令和4年3月31日まで継続します。

  原子力発電所の事故による警戒区域等からの避難者に対する高速道路の無料措置は、一時帰宅等の生活再建に向けた移動を支援する目的で実施されており、令和4年3月31日まで継続します。

 避難者の出口料金所の通過を迅速化することを目的とし、無料措置の適用方法が「ふるさと帰還通行カード」を利用した方法に変わりました。カードに切り替えることにより本人確認時間が短縮され出口料金所の渋滞解消、携帯性等の利便性向上が図られると想定されています。

 利用申込用紙にご記入の上、本人確認書類、顔写真をご用意いただき、下記窓口までお申し込みください。なお、郵送による受付も行います。

※新しいカードは、現在ご登録されている情報により【簡易書留(転居先への転送不可)】で順次お届けします。新たにお申し込みをいただく必要はありません。

受付開始日  平成29年12月25日(月曜日)
受付時間       午前8時30分から午後5時15分(※土日祝日、年末年始を除く平日) 

受付窓口    川俣町役場原子力災害対策課(役場庁舎2階)
          〒960-1492 川俣町字五百田30番地

詳しくはNEXCO東日本ホームページをご覧ください。

NEXCO東日本ホームページへリンク

※「ふるさと帰還通行カード」の有効期限および無料措置期間は令和4年3月31日までです。

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Adobe Reader(無償配布)が必要です。
まだお持ちでないかたは、アドビシステムズ社のウェブサイトからAdobe Readerをダウンロードしてご覧ください。
アドビリーダーダウンロードサイトへ


[表示切替]
モバイル | | トップに戻る