みどりの中に光る絹の町川俣
トップページ > 震災・原子力災害関連情報 > 平成30年度自家用農産物等の放射性物質測定結果をお知らせ
震災・原子力災害関連情報

平成30年度自家用農産物等の放射性物質測定結果をお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日:2018年9月10日更新

これまでの自家用農産物検査結果をお知らせいたします。

平成30年6月25日~平成30年7月21日 [PDFファイル/89KB]

平成30年5月28日~平成30年6月23日 [PDFファイル/86KB]

平成30年5月1日~平成30年5月26日 [PDFファイル/98KB]

平成30年4月9日~平成30年4月28日 [PDFファイル/94KB]

平成30年3月12日~平成30年4月7日 [PDFファイル/92KB]

平成29年度以前のデータ

平成29年度のデータはこちらをご覧ください。

平成28年度のデータはこちらをご覧ください。

平成27年度のデータはこちらをご覧ください。

平成26年度のデータはこちらをご覧ください。

平成25年度のデータはこちらをご覧ください。

平成24年度のデータはこちらをご覧ください。

川俣町放射性物質検査センターでの食品検査受付について

川俣町内にお住まいの方対象に自家用農産物等の放射性物質検査の受付を行っています。ご要望の方は、下記の受付方法に従い、お手続きくださいますようお願いいたします。

◆ 測定品目 家庭菜園や自家農園などの農産物、山菜、その他の食品

手 順

備 考

(1)

検査受付

<受付時間>

午前8時30分~午後5時15分

/土、日、祝・休日および年末年始を除く

検査を依頼される方は、放射性物質検査センター(春日診療所内 ) で以下の手続きと説明を受けてください。

・検査申込書に記入

・検査日および検体持込日の選定(検査は20件/日程度)
・検体作成の説明(ご自宅にて処理していただきます)

・検体を入れるための袋(2枚)の受け取り

・受付当日に検査はできません。

・検体は、1kg(1L)・500g(500ml)程度必要です。

・検体が漏れ出さないようにするため袋を二重にします。

(2)

検体持込

検査を依頼した方は、ご自宅で5cm角以内の大きさのザク切りまたはブツ切りにした食べ物を袋に入れ、放射性物質検査センター(春日診療所内 )までお越しください。

・検体は、検査日の前日までにお持ち込みください。
・細かく刻む作業(ミキサーによるペースト化)は町で行います。

(3)

結果の確認

原子力災害対策課が検査結果を確認し、検査結果の報告書を作成します。

・お急ぎの場合は、検査日の翌日の午後以降に、放射性物質検査センター(春日診療所内 )まで検査結果をお問い合わせください。

(4)

検査結果の報告

検査結果は書面にて郵送いたします。

・届くまでに検査日から1週間ほどかかります。

(5)

次の検査受付を希望する場合

検査日の翌日以降、次の検査受付を行ってください。

放射能検査器について

川俣町放射線検査センターで使用している検査器のTN300B 2台(NaIシンチレーション式)、TG150B 1台(ゲルマニウム半導体式)は、平成23年度日本郵便東日本大震災寄付金の助成を受けて整備しました。

各地区の公民館等での食品検査受付について

各地区の公民館等でも食品検査を受け付けております。最寄りの測定場所をご利用ください。

各地区の食品検査についてはこちらをご覧ください。

その他

井戸水、引き水等の測定受付も行っております。ご希望の方は、放射性物質検査センター(春日診療所内 )、もしくは、各地区の測定場所までお越しのうえ、受付を行ってください。

 

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Adobe Reader(無償配布)が必要です。
まだお持ちでないかたは、アドビシステムズ社のウェブサイトからAdobe Readerをダウンロードしてご覧ください。
アドビリーダーダウンロードサイトへ


[表示切替]
モバイル | | トップに戻る