みどりの中に光る絹の町川俣
トップページ > 震災・原子力災害関連情報 > 航空モニタリング線量マップと詳細事後モニタリング調査の結果について
震災・原子力災害関連情報

航空モニタリング線量マップと詳細事後モニタリング調査の結果について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新

川俣町放射線量マップ(航空モニタリング)

原子力規制委員会が平成23年から現在まで定期的に行っている航空モニタリングのデータから、川俣町全体(山地等含む)を抜粋したものをみなさまにお知らせします。

川俣町放射線量マップ(航空モニタリング) [PDFファイル/399KB]

詳細事後モニタリング調査の結果(参考資料)

平成28年度は、除染作業から約1~2年後の空間線量率を測定することにより、除染の効果が保たれているかを確認するため、詳細事後モニタリング調査を実施しました。
大字ごとのモニタリング結果がまとまりましたので、除染前~除染後~詳細事後モニタリング調査の各時点における宅地の平均空間線量率(測定した空間線量率の平均値)をみなさまにお知らせします。
なお、測定機は、シンチレーション式サーベイメータ(日立アロカ製TCS-172B)を使用しております。

詳細事後モニタリング調査の結果(参考資料) [PDFファイル/184KB]

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Adobe Reader(無償配布)が必要です。
まだお持ちでないかたは、アドビシステムズ社のウェブサイトからAdobe Readerをダウンロードしてご覧ください。
アドビリーダーダウンロードサイトへ


[表示切替]
モバイル | | トップに戻る