みどりの中に光る絹の町川俣
トップページ > 町政・施設 > 木造薬師如来坐像・木造菩薩立像

木造薬師如来坐像・木造菩薩立像

印刷用ページを表示する掲載日:2012年3月29日更新

県指定重要文化財 木造薬師如来坐像・木造菩薩立像(もくぞうやくしにょらいざぞう・もくぞうぼさつりつぞう)

所在地:福島県伊達郡川俣町大字東福沢字坊ノ入山1の2 薬師堂

地図で探すのページへリンク

東福沢薬師堂、木造薬師如来坐像の写真

木造菩薩立像の写真

薬師如来坐像は像高80cm、一木造りで背ぐりがなく膝部と両腕ははぎ合わせである。両手首は欠失している。サワラ材で漆ははげ素木造りのようになり植込みの螺発は残されていない。彫りは浅く膝部には埋木がある。民間の俗説によって鼻梁が削り取られている。彫法は簡素で平安中期末の手法を示している。

薬師如来坐像と同じ堂内に祀られている木造菩薩立像は、像高1.04m、台坐、両手先を失っている。短小な宝髪に造りづけの天冠がある。浅い彫りで復部の折り返し裳を前面に垂れ、腹部中央に蝶結びがあるがこうした例は多くない。伝承では虚空蔵菩薩の像とされるが薬師像と同材であり、薬師の脇侍である日光、月光菩薩のいずれかであろうとされている。

堂の麓(現道路沿い)には五十沢坊(三条院)の遺跡がありこの薬師堂は五十沢羽山の本地堂とみられ、以前は堂の下方に長床もあり木幡山参拝、羽山信仰の行や祭祀の場とされた。堂内には本尊薬師の新らしい脇侍の日光、月光、十二神将、三条院の不動三尊、五大明王などが祀られている。


[表示切替]
モバイル | | トップに戻る