みどりの中に光る絹の町川俣
トップページ > 観光・イベント > NHK連続テレビ小説「スカーレット」から「エール」へのバトンタッチセレモニーで川俣シルクのスカーフが贈られました

NHK連続テレビ小説「スカーレット」から「エール」へのバトンタッチセレモニーで川俣シルクのスカーフが贈られました

印刷用ページを表示する掲載日:2020年3月25日更新

1

すべて川俣シルクのスカーフ(かわまたアンスリウム染)

右から2番目が、戸田恵梨香さんへお贈りしたスカーレット色のスカーフ

NHK連続テレビ小説「スカーレット」から「エール」へのバトンタッチセレモニーで川俣シルクのスカーフが贈られました

 川俣シルクのスカーフ(かわまたアンスリウム染)を戸田恵梨香さんへ!

 川俣町では、約1,400年もの間、絹製品を作る技術・文化が培われています。 なめらかな風合い、絶妙な光沢は、ファッション性を高めて、スカーフやネクタイなど、多彩な製品を生み出し、海外でもその高い品質が認められています。

 NHK連続テレビ小説「エール」の主人公の窪田正孝さんから「スカーレット」のヒロインの戸田恵梨香さんへ川俣シルクのスカーフ(かわまたアンスリウム染)が贈られました。

 今回贈られた川俣シルクのスカーフ(かわまたアンスリウム染)は、スカーレット色です。

 詳細は下記のURLをご参照ください。

 URL:https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/preview.html?i=22839(NHKニュースへリンク)


[表示切替]
モバイル | | トップに戻る